2016年8月30日火曜日

LISA: the Painful 非公式日本語化パッチ




長らくおまたせしました。

LISA: the Painfulの非公式日本語化パッチを公開しました。
Windows 7以降、および、MacOS上で利用可能です。

XP以降のWindowsなら基本的にどれでも動くと思います。ですが、インストーラの関係でWindows 7以降対応となりました。XP、Vistaの方は手動によるインストールを行う必要があります(ただし未だに完全な動作を確認しておりませんので、自己責任でよろしくお願いします)。

どうやら英語版由来のゲームプレイが困難になるバグがあるようです。これに遭遇してしまった場合は現在対処法がありませんので、Steamの2時間以内ルールを使って返金処理を行ってください。(プレイできないとクレームをつければ返金してくれるとは思うのですが、これを使った方が確実でしょう。)またPCの環境依存のバグのようですので、サブPC等にLISAをインストールして試してみるのもいいかもしれません。

MacOSへのインストールについてはこちらを参照してください。
ソニックのアニキさん(@rkatsu1)がMacOS用のインストーラを作ってくださいました。感謝!

Linux上でも動くとたぶん思います。動作確認はしておりませんが。この場合もゲームを動かすのに必要なファイルの用意は、Windows上で行ったほうが早いと思います。なおQuickBMSはLinux上でもビルドできるようです。

Windows版ダウンロードはこちらから↓
https://t.co/oNzcboQHla
(サーバーのご提供:nannさん ありがとうございます。)

このパッチはすべて自己責任のもとで使用してください。パッチ製作者であるNowhere他は、これを使った結果、生じた不利益にいかなる責任も負いません。

また、この「非公式」日本語化パッチ、および、「非公式」日本語化パッチを当てたLISAに関する質問を公式およびSteam側にするのは絶対にやめてください。よろしくお願いします。

追記: スクリーンショット、および、動画配信の扱いに関する規定は僕らの方では設けておりません。オリジナル版に準じます。ということでよろしくお願いいたします。

最後までゲーム画面に合わせながら、元々の翻訳文をゲーム用に調整してくださったハザマシジマさん(@830440)、日本語版用の画像を用意して頂いたり、環境ごとのテストに長い時間お付き合いくださったnannさん(@nannyou)、その他テストに参加してくださったテスターのみなさん、どうもありがとうございました。

テストプレイヤー: マンダム(@error_code11)、石(@ishi061)、大豆(@dayz_mame)、changpong_nico(@changpong_nico)、もあ(@moablack)、ronshi(@ronshi298)、あたり(@atari23)、北浦壮太(@rorschach_san)、バリカタ兄貴(@BarikataMax)、wabisabi(@WabiSabi0822)、Cabinにしとくね!(@CrowdedCabin2)、ミハル肉(@mhr_meat)、ときは(@kotoha_vi) [敬称略]

テストプレイヤーさんで名前をここに載せても構わないというかたはtwitterのほうまでご連絡ください。

2016年8月25日木曜日

Painful 非公式日本語化パッチインストール手順 解説(バッチファイル使用編)

Lisa: the Painful(以下、ペインフル)のインストール手順の解説です。


Windows 10、8系、7を使っている人は、バッチファイルを使ってインストールすることができ(ると思い)ます。ここではその手順についての解説を行っています。

それ以外のWindows系 OSを使っている人は手動でインストールする必要があります。(手順の解説ページは現在準備中です。)



1. まずはペインフルのインストールフォルダを開きます。Windows 8.1ではデフォルトは

c:\Program Files(x86)\Steam\steamapps\common\LISA\

でした。よくわからない人は以下の手順2~4で開いてみてください。わかる人は5へ飛んでください。


2. Steamを起動してライブラリを開き、左のゲーム一覧から「LISA」を探して右クリック、出てくるメニューから一番下のプロパティを選んでください。





3. プロパティが開いたら、「ローカルファイル」タブ->「ローカルファイルの閲覧...」を選んでください。




4. すると、以下のフォルダが開きます。ここがLISA: the Painful(以下ペインフル)のインストールフォルダになります。





5. ペインフルのインストールフォルダに、解凍したpainful_modをコピーします。




6. 今コピーしたpainful_modを開き、インストール.batを起動してください。





7. バッチファイルを起動すると、コマンドプロンプトを管理者権限で開きます。ここについてはあくまで自己責任でよろしくお願いします。インストール作業が終わるまでしばらくお待ちください。画面表示が崩れているのは仕様です。




8. バッチファイルが終了したところ




9. SteamからLISAを起動します。「LISAをプレイ」 を選んで起動してください。




10. 無事日本語化されたLISA: the Painfulが起動しました。お疲れさまでした。英語版のセーブデータを読むと不具合が起こるので、かならず「はじめから」を選んでゲームを開始してください。




2016年8月14日日曜日

JOYFUL 非公式日本語化パッチインストール手順 解説(手動編)

DLC Lisa: the Joyful(以下、ジョイフル)の手動インストール手順の解説です。

ここに書かれている手順は**おそらくうまくいくはず**ですが、まだ動作確認を完全にとったわけではありませんので、ご注意ください。もしうまく行った方は twitterの @Souris0までご一報を!

Windows XP および Vistaを使っている人は手動でインストールする必要があります。ここではその手順について解説します。

Windows 10、8系、7を使っている人は手動でインストールする必要はありません。こちらへどうぞ。


1. まずはジョイフルのインストールフォルダを開きます。たぶんデフォルトは

c:\Program Files\Steam\steamapps\common\LISA\JOYFUL

あたりなんじゃないかなと思います。よくわからない人は以下の手順2~5で開いてみてください。わかる人は6へ飛んでください。


2. Steamを起動してライブラリを開き、左のゲーム一覧から「LISA」を探して右クリック、出てくるメニューから一番下のプロパティを選んでください。




3. プロパティが開いたら、「ローカルファイル」タブ->「ローカルファイルの閲覧...」を選んでください。




4. すると、以下のフォルダが開きます。これはLISA: the Painful(以下ペインフル)のインストールフォルダです。その中のJOYFULというフォルダを開いてください。



5. ジョイフルのインストールフォルダを開くことができました。本編のペインフルのインストールフォルダとファイルの構成が似ているので間違えないように注意。




6. ジョイフルのインストールフォルダに、解凍したjoyful_modをコピーします。




7. まずは暗号化されているジョイフルのデータファイルから日本語化に必要なファイルを抽出します。今コピーしたjoyful_modフォルダを開き、quickbms.exeを起動してください。




8. 起動するとコマンドプロンプトが開き、それに続いて次の画面が開きます。ここではjoyful_modフォルダにあるrgssad.bmsを選んで「開く」を押してください。




9. 次の画面では、Joyfulのインストールフォルダ(つまり1個上のフォルダ)にあるGame.rgss3aを選んで「開く」を押してください。




10. 次の画面ではジョイフルのインストールフォルダを選択します。前の選択ですでにJOYFULのインストールフォルダに移動しているので、何もせずに「保存」を押してください。




11. ジョイフルの日本語化に必要なファイルが抽出されていきます。下の画面でプログラムが一時ストップして入力を求められます。半角で「a」を入力してエンターキーを押してください。



12. 下の画面で終了です。エンターキーを押してコマンドプロンプトを終了します。



13. ジョイフルのインストールフォルダのDataフォルダとGraphicsフォルダの更新時刻を見てください。今更新されたばかりの時刻を示していれば抽出は成功です。



14. 今確認したばかりのDataフォルダを削除し、Joyful_modフォルダの中にあるDataフォルダと入れ替えます。



15. joyful_modフォルダの PixelMplus12-Regular.ttf をジョイフルインストールフォルダのFontsの中にコピーします。



16. ジョイフルインストールフォルダの Game.rgss3a を Game.rgss3a.orig に名前変更します。




17. SteamからLISAを起動します。Play LISA the Joyfulを選んで起動してください。




18. 無事日本語化されたLISA: the Joyfulが起動しました。お疲れさまでした。英語版のセーブデータを読むと不具合が起こるので、かならず「はじめから」を選んでゲームを開始してください。





DLC LISA: the Joyful 非公式日本語化パッチ



DLC LISA: the Joyfulの日本語化パッチを公開しました。

今のところWindows 7以降、および、MacOS上で利用可能です。

XP以降のWindowsならどれでも動くと思います。ですが、インストーラの関係でWindows 7以降対応となりました。XP、Vistaの方のための手動によるインストール解説ページを作りましたが、手元にどちらの環境もない為、動作確認がとれていません。動作確認がとれた方は申し訳ありませんがTwitterの @Souris0 までご連絡頂けると助かります。

MacOSへの日本語化パッチのインストールについてはこちらを参照してください。
ソニックのアニキさん(@rkatsu1)がMacOS用のインストーラを作ってくださいました。感謝!

Linux上でも動くとたぶん思います。動作確認はしておりませんが。ただし、ゲームを動かすのに必要なファイルの用意は、Windows上で行ったほうがてっとり早いです。一応QuickBMSはLinux上でもビルドできるみたいです。

Windows版のダウンロードはこちらから↓
https://t.co/k7G9U2aYdA
(サーバーのご提供:nannさん ありがとうございます。)

このパッチはすべて自己責任のもとで使用してください。パッチ製作者であるNowhereは、これを使った結果、生じた不利益にいかなる責任も負いません。

また、この「非公式」日本語化パッチ、および、「非公式」日本語化パッチを当てたLISAに関する質問を公式およびSteam側にするのは絶対にやめてください。よろしくお願いします。

追記: スクリーンショット、および、動画配信の扱いに関する規定は僕らの方では設けておりません。オリジナル版に準じます。ということでよろしくお願いいたします。


Painfulで一緒に翻訳作業を行って頂いたハザマシジマさん(@883440)、環境ごとのテストに長い時間お付き合いくださったnannさん(@nannyou)、その他テストに参加してくださったテスターのみなさん、どうもありがとうございました。

テストプレイヤー: マンダム(@error_code11)、石(@ishi061)、大豆(@dayz_mame)、changpong_nico(@changpong_nico)、もあ(@moablack) [敬称略]

テストプレイヤーさんで名前をここに載せても構わないというかたはtwitterのほうまでご連絡ください。

JOYFUL 非公式日本語化パッチインストール手順 解説(バッチファイル使用編)

DLC Lisa: the Joyful(以下、ジョイフル)のインストール手順の解説です。


Windows 10、8系、7を使っている人は、バッチファイルを使ってインストールすることができ(ると思い)ます。ここではその手順についての解説を行っています。

それ以外のWindows系 OSを使っている人は手動でインストールする必要があります。手動インストール方法はこちら。



1. まずはジョイフルのインストールフォルダを開きます。Windows 8.1ではデフォルトは

c:\Program Files(x86)\Steam\steamapps\common\LISA\JOYFUL

でした。よくわからない人は以下の手順2~5で開いてみてください。わかる人は6へ飛んでください。


2. Steamを起動してライブラリを開き、左のゲーム一覧から「LISA」を探して右クリック、出てくるメニューから一番下のプロパティを選んでください。




3. プロパティが開いたら、「ローカルファイル」タブ->「ローカルファイルの閲覧...」を選んでください。



4. すると、以下のフォルダが開きます。これはLISA: the Painful(以下ペインフル)のインストールフォルダです。その中のJOYFULというフォルダを開いてください。




5. ジョイフルのインストールフォルダを開くことができました。本編のペインフルのインストールフォルダとファイルの構成が似ているので間違えないように注意。



6. ジョイフルのインストールフォルダに、解凍したjoyful_modをコピーします。



7. 今コピーしたjoyful_modを開き、インストール.batを起動してください。




8. バッチファイルを起動すると、コマンドプロンプトを管理者権限で開きます。ここについてはあくまで自己責任でよろしくお願いします。インストール作業が終わるまでしばらくお待ちください。画面表示が崩れているのは仕様です。




9. バッチファイルが終了したところ




10. SteamからLISAを起動します。Play LISA the Joyfulを選んで起動してください。




11. 無事日本語化されたLISA: the Joyfulが起動しました。お疲れさまでした。英語版のセーブデータを読むと不具合が起こるので、かならず「はじめから」を選んでゲームを開始してください。